皆様には、平素より当社グループに格別のご支援並びにご愛顧を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 平成29年度の状況ですが、スパリゾートハワイアンズは、「ビッグアロハ」のオープンにより前年同期に比べ日帰り・宿泊ともに利用者数が増加した一方、燃料商事事業においては販売数量が大幅に減少し減収となった影響もあり、グループ業績は減収増益となりました。

 今後につきましては、「働き方改革」推進の一環として65歳までの選択定年制度を導入したほか、ダイバーシティの継続推進、一層の経費削減や経営の効率化に取り組み経営基盤の強化を図るとともに、飲食事業の海外展開を含む新規・派生事業に積極的に取り組むなど企業価値の向上に努めてまいる所存でございます。

 皆様におかれましては、引き続きご支援とご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

平成30年6月

代表取締役社長 井上直美